2月11日のメッセージセルフチェック


父よ。お願いします。あなたがわたし下さったものをわたしのいる所にわたしといっしょにおらせてください。あなたがわたしを世の始まる前から愛しておられたためにわたしに下さったわたしの栄光を、彼らが見るようになるためです。(ヨハネ17:24)  「あなたがたは、わたしをだれだといいますか。」シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の子キリストです。」(マタイ16:15、16)   イエス様の大いなる祈りには、あなたにどんな時も、毎日全てのことに神様の恵みを見出してほしいという願いがこめられています。それこそがキリストにある人生なのです。それは父と子と聖霊と一体となった人生です。そしてそれがビジョンと栄養となって、全ての信者に対する全ての召しが生み出されるのです。   神様の恵みのビジョンから目を外した瞬間、あなたの人生において与えられた神様の霊的な召しが単なる宗教的な働きに変わり最後には退屈になり、疲れ果ててしまうこというリスクが生じます。神様から与えられたビジョンが目の前にある働きに微妙に変化するのです!あなたはイエス様の祈りを生きていますか?他の人たちがもっぱら働きをすることに集中している時、あなたはどのようにイエス様の「あなたがたは、わたしをだれだといいますか」という質問に答えますか?   

Father, I want those you have given me to be with me where I am, and to see my glory, the glory you have given me because you loved me before the creation of the world.” (John 17:24)
  “But what about you? Jesus asked. “Who do you say I am?”
Simon Peter answered, “You are the Christ, the Son of the Living God.” (Matthew 16:15,16)

It is Jesus’ great prayer and desire for you to see His glory in all things and at all times of the day. This is life in Christ. A life in unity with the Father, Son, and Holy Spirit. It is the vision and sustenance that gives birth to every calling upon every Believer.
The moment that you take your eyes off the vision of God’s glory; is the moment that you risk turning God’s spiritual calling upon your life into religious work that ends in drudgery and burnout. The subtle shift from divine vision to the mission at hand! Are you living out the prayer of Jesus today? When every else is focused solely upon the mission, how will you respond to Jesus’ question, “But what about you? Who do you say I am?”


2017年2月11日 メッセージ

「ビジョンから目を離さない」

2月4日のメッセージセルフチェック



わたしは彼らにおり、あなたはわたしにおられます。それは、彼らが全うされて一つとなるためです。それは、あなたがわたしを遣わされたことと、あなたがわたしを愛されたように彼らをも愛されたことを、この世が知るためです。(ヨハネ17:23)   

イエス様があなたや私のために祈った祈りは、イエス様ご自身とキリストの体にある他の者たちとが一つになるための祈りでした。「あなた」はどのようにして教会に一致をもたらすことができるでしょうか?
イエス様の祈りが答えられキリストの体に一致が与えられるために、あなたの教会生活のどの部分を変えることができるでしょうか?
他の人を助ける事、自分の賜物を使って自ら進んで仕える事、誰かの必要を満たそうと自分から何かを始める事、教会に早めに来てテーブルや椅子を並べること―真剣に考え始めるとやることは沢山あります!  キリストを信じる者としてイエス様は私たちが時間通りに礼拝に来て座ること以上を求めています―それだけではキリストの愛や一致はこの世には伝わりません。
人が「ホープチャペル・ウェスト東京」を見てイエス様の愛と一致が真実であり、生きているということが分かるでしょうか?

Jesus prayed, “I in them and you in me. May they be brought to complete unity to let the world know that you sent me and have loved them even as you have loved me.” (John 17:23)

Jesus’ prayer for you and for me was unity with Him and with others in the Body of Christ. How can “you” help to bring unity into your church? 
In which areas of your church life can you change; in order to bring unity to the Body of Christ and therefore respond to Jesus’ prayer? 
Reaching out to others, volunteering to serve with your gifts, taking initiative to fill a need, coming early to set up chairs and tables - the list seems endless when you really think about it!
As Believers in Christ, Jesus calls us to do more than just arrive on time for service and to sit – it is not the way the world will know the love and unity of Christ. 
When people look at “Hope Chapel West Tokyo” do they know that Jesus’ love and unity is real and alive?