6月10日 メッセージ

「ゆっくりとした喜び」

セルフチェック


キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。(テモテへの手紙第二 2章1 節)     

「キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい」とは、つまり、どのようにして神様の恵みの中で生きるかを学ぶことです。罪を許してもらうことについて上手になることではありません。
これは、あなた自身ではできないことを行うための力を 神様から受け取るための日々の霊的な練習です。
霊的なしつけとは、すなわち、イエスの御姿に似た者となっていくために恵みを受け取るという行為なのです。    

 “ Be strong in the grace that is in Christ Jesus.” (2 Timothy 2:1).   

“Being strong in the grace that is found in Jesus,” is all about learning how to live in the grace of God. It is not to grow in being forgiven for your sins. It is the daily spiritual practice of receiving the power of God to do what you can’t do on your own. Spiritual disciplines are all about the act of receiving grace to become more in the likeness of Jesus.

セルフチェック


神は聖徒たちに、この奥義が異邦人の間にあってどのように栄光に富んだものである かを、知らせたいと思われたのです。この奥義とは、あなたがたの中におられるキリ スト、栄光の望みのことです。(コロサイ人への手紙1章27節)   

今週の聖書箇所: コロサイ人への手紙2章6-23節  

 信じる者がその人生で経験するあらゆる変化の核心には、内面に満ち満ちたキリスト の御力があります。パウロはそれを「栄光の望み」と表現していますが、それは古代 の「ポジティブシンキング」手法ではありません。それは、あなたのうちにおられる キリストの御力と可能性のことなのです。  未来志向の「訓練する」生き方を中心としており、変化していくために「挑戦する」生き方とは対照的なものです。
本当の変化は時間を要するとともに、主の御 力と、主のために生きようとするあなたの協力が必要なのです。


To them God has chosen to make known among the Gentiles the glorious riches of this mystery, which is Christ in you, the Hope of glory. (Colossians 1:27)   

This week’s reading: Colossians 2:6-23.   

At the very heart of all change in the life of every Believer is the fullness of Christ within. Paul describes it as the “hope of Glory.” It is not an ancient positive-thinking formula. It is the power and potential of Christ in you.  It is future-oriented, and centers around a “training lifestyle” as opposed to a “trying lifestyle” of transformation. 
True change takes time and involves the power of the Lord and a concerted effort to live for Him. 

 

すぐさまふたりは立って、エルサレムに戻ってみると、十一使徒とその仲間が集まって、「ほんとうに主はよみがえって、シモンにお姿を現わされた。」と言っていた。彼らも、道であったいろいろなことや、パンを裂かれたときにイエスだとわかった次第を話した。 (ルカの福音書24:33、34)

ルカの福音書24:33−49、マタイの福音書15:1−20   

私たちは教会に出席すること自体が霊的なしつけでありまた教会にとってもそうなのです。ホープチャペル・ウェストとその他のキリストの体の集まりは霊的な変革への道として捉えられるべきです。キリストの弟子としてイエスの名によって集まり魂が変えられる事で私たちの身の周りの人たちの心にも触れる事ができるのです。キリストの名において集まるということはあなた自身だけのことではありません。外側の見た目以上に内側の命もまた伴うのです。   

“They got up and returned at once to Jerusalem. There they found the Eleven and those with them, assembled together and saying, “It is true! The Lord has risen and appeared to Simon.”
 (Luke 24:33,34)    

 This week’s reading: Luke 24:33-49 / Matthew 15:1-20.   

We often fail to notice that attending church is a spiritual discipline in and of itself. Hope Chapel West Tokyo and all other gatherings of the Body of Christ should be seen as a doorway to spiritual transformation. As Disciples of Christ, we come together in the Name of Jesus, allowing Him to bring about transformation of the soul, which in turn touches those around us. Coming together in the Name of Christ is never just about yourself and always involves the inner life over the outer appearance.