6月9日 セルフチェック


彼は言った。「私は、預言者イザヤが言ったように『主の道をまっすぐにせよ』と荒野で叫んでいる者の声です。」(ヨハネの福音書 1:23)


今週の聖書箇所: ヨハネの福音書 1:6-9, 15-34



バプテスマのヨハネが際立っているのは、目的意識とアイデンティティの明確さです。ヨハネは、誰が彼を遣わしたのか、自分が何者なのか、また自分がどの領域において影響力があるのかを良く知っていました。

それとはまったく対照的に、私は自分が臆病で、何も分かっておらず、神様の良い意思にただ満たされているだけだったことを思い出します。誰が自分を遣わしたのか曖昧で、自分が何者か分からず、どこへ行こうとしているのかさえ知りませんでした!

結果、与えることのできた影響はほんの少しでした。願わくば、歳月を重ねたことで少しは変わっていると良いのですが!

私たちがこの世界でイエス様のために影響力を持ちたいと思うなら、自分自身(パーソナリティ、才能、習慣、強みや弱み)について、また自分が置かれている状況(神はどこに私たちを置かれたか)について、時間をとって吟味し、より良く理解する賢さが必要です。

John replied in the words of Isaiah, “I am the voice of one calling in the desert, ‘Make straight the way for the Lord.’ “ (John 1:23)



This week’ reading: John 1:6-9, 15-34.

The one thing that stands out with John the Baptist is his clarity of purpose and identity. He clearly knows who sent him, who he is, and his area of impact. In stark contrast; I remember being naïve, clueless and full of good Godly intentions. Not very sure of who sent me, who I was, and where I was going! Result: very little impact. Hopefully, over the years, it has changed a little!

 We would be wise to take the time to better understand our selves (personality, talents, habits, strengths, and weaknesses) and our surroundings (where God has placed us) if we want to have an impact for Jesus in this world.

6月2日 セルフチェック


あなたがわたしを世に遣わされたように、わたしも彼らを世に遣わしました。
(ヨハネの福音書 17:18)

今週の聖書箇所: ヨハネの福音書 17:14-18 / ヨハネの福音書 20:21 / マタイの福音書 10:1-16.

今週の聖書箇所において、イエスは今日の私たち一人ひとりに対して祈ってくださるのと同じように、弟子たちのために祈っています。主は、私たちはすでにこの世のものではないのだから、この世のもののように振舞ってはいけないと語られます。
しかし、主は決してこの世から離れて生きるように言われているのではありません。そうではなく、私たちこそが、この世に遣わされたものであるとおっしゃいます。私たちは、この世のリビングリームで、オフィスで、クラスルームで、またはご近所付き合いにおいて、さらには、教会の礼拝においてさえ、主に良い働きをするために召され、“とりわけ”られています。
今週の聖書箇所に注目してみましょう。イエスは私たちに、さらに多くを得ようと求めるのではなく、主が与え下さるものにだけに寄り頼む必要があることを思い出させてくれます。主はあなたのそばにいます。そして、あなたが、主と共に今日この一日を乗り切るのに必要なすべてが与えられていることをご存知です。神様に感謝しましょう!

“As you sent me into the world, I have sent them into the world. (John 17:18)

This week’s reading: John 17:14-18 / John 20:21 / Matthew 10:1-16.

In this week’s passage, Jesus prays for His disciples as He does for every one of us today. He speaks of not being a part of the world, just as we are not a part of the world. He never speaks of us retreating from the world but speaks of us being sent into the world. We have been called to be “set apart” for His good work in the living rooms, offices, classrooms, neighborhoods, and even church services of the world. Notice in today’s passage, Jesus reminds us not to take much but to rely on Him to provide. He feels that you have all that it takes to get through your day with Him by your side. Thank God!

2018年6月2日 メッセージ

「外へ、世界へ」

5月26日 セルフチェック


“勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。” (ローマ人への手紙 12:11)

今週の聖書箇所: 歴代誌第二25:1-2/サムエル記第二6:1-22

“熱意”とは、活力にあふれたエネルギー、大いなる力に他なりません。私は人生において、その熱意が、自分自身の献身の姿勢にどのように働くのかを用心し、注意深く観察しています。近頃、仕事や結婚生活、またはミニストリーにおいて、己の“熱意”のレベルをきちんと把握できているだろうか?もしも自分の“熱意”のレベルが下がっていたら、回復のために必要なステップ(休息をとる、リフレッシュする、遊ぶ、または率直な意見を交換する等)を取っているだろうか?神は主の御前において、主の御心にかなった人生を実現する、全き心をもった人を常に探しています。喜びにあふれ踊り、飛び跳ねましょう。そして出来得る限りにお祝いするのです。

“Never be lacking in zeal, but keep your spiritual fervor serving the Lord.” (Romans 12:11)

This week’s reading: 2 Chronicles 25:1,2 / 2 Samuel 6:1-22.

“Zeal” is all about energy and great power. I am to monitor it and guard it in my life in regards to work and life commitments. Am I honest about my “zeal” level these days when it comes to work or marriage or ministry? If my “zeal” level is going down, do I take steps of rest or renewal or play or honest discussion to revive it? God is always looking for wholehearted people to live out His life before Him. Leaping and dancing in joy and celebration when possible!

2018年5月26日 メッセージ

「喜び踊る」