2月25日のメッセージセルフチェック


「あなたがたに言うが、この人が、義と認められて家に帰りました。パリサイ人ではありません。なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」 (ルカによる福音書18:14)      

こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されてあるからです。(コロサイ人への手紙3:1-3)   

今週の聖書個所: ルカによる福音書18:14   

イエス様が語ったパリサイ人と取税人の話は、今日の教会において真実でなかったとしたら、ちょっと極端すぎるたとえに見えるかもしれません。あなたが礼拝の中に入っていくとき、あなたの心と思いは上にあるものに対して意識して向けられているでしょうか?あなたは自分自身を称賛していますか、それともへりくだってキリストとの交わりに入っていますか?私たちの心と思いが下にではなく天に向いているとき、とても大きな違いが生まれます。キリストの体にある一致は、私たちが意識して主のために自らを死なせ、キリストとともに神のうちに隠されることを選ぶことによってのみもたらされるのです。キリストがすべてであり、すべてのうちにおられるのです。  



 I tell you that this man, rather than the other, went home justified before God. For everyone who exalts himself will be humbled, and he who humbles himself will be exalted. (Luke 18:14)

Since, then, you have been raised with Christ, set your hearts on things above, where Christ is seated at the right hand of God. Set your minds on things above, not on earthly things. For you died, and your life is now hidden with Christ in God. (Colossians 3:1-3)

This week’s reading: Luke 18:9-14.
Jesus’ parable of the Pharisee and the tax collector would seem a bit extreme if it were not actually true in the church today. When walking into a church service is your heart and mind intentionally set on things above? Do you exalt your own self or enter humbly into the fellowship of Christ? There is a very big difference when our hearts and minds are set heavenward and not downward. Unity in the Body of Christ only happens when we intentionally allow ourselves to die for Him and choose to be hidden with Christ in God. Christ is all and in all.

2月18日のメッセージセルフチェック


....... 新しい人を着たのです。新しい人は、造り主の形に似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。そこには、ギリシャ人とユダヤ人、割礼の有無、未開人、スクテヤ人、奴隷と自由人というような区別はありません。キリストがすべてであり、すべてのうちにおられるのです。(コロサイ:3:10、11)   

今週の聖書個所:コロサイ3:1-17.    

パウロがコロサイの教会に与えた指導は、東京にあるこの教会にどう当てはまるでしょうか?あなたにはどう当てはまりますか?キリストと共に蘇った信者として、私たちの心は神様に注がれ、そして私たちの思いはこの世にではなく天に向けられるべきなのです。礼拝に出かけて賛美の場に入る時、あなたはキリストの体の一部である教会の他のメンバーに対してどのように反応していますか?キリストが全てであり、全ての内におられるのです。この一致への呼び掛けに私たちが従う時、この世界のどこにも、このイエス・キリストの教会と比べられるものはないのです。あなた自身が、あなたの教会の一致をもたらしましょう!   


“…and have put on the new self, which is being renewed in knowledge in the image of its Creator. Here there is no Greek or Jew, circumcised or uncircumcised, barbarian, Scythian, slave or free, but Christ is all and in all.” (Col. 3:10,11)

This week’s reading: Colossians 3:1-17.

How does Paul’s instructions to the church at Colossae apply to the church in Tokyo? How does it apply to you? As Believers raised with Christ, we are to set our hearts on God and our minds on things above, not on the earthly. When heading off to service and entering into a place of worship, how do you see and react to other members in the Body of Christ? Christ is all and in all. There is absolutely nothing in the world like the Church of Jesus Christ when we heed the calling for unity. Be a source of unity in your church!


 

2月11日のメッセージセルフチェック


父よ。お願いします。あなたがわたし下さったものをわたしのいる所にわたしといっしょにおらせてください。あなたがわたしを世の始まる前から愛しておられたためにわたしに下さったわたしの栄光を、彼らが見るようになるためです。(ヨハネ17:24)  「あなたがたは、わたしをだれだといいますか。」シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の子キリストです。」(マタイ16:15、16)   イエス様の大いなる祈りには、あなたにどんな時も、毎日全てのことに神様の恵みを見出してほしいという願いがこめられています。それこそがキリストにある人生なのです。それは父と子と聖霊と一体となった人生です。そしてそれがビジョンと栄養となって、全ての信者に対する全ての召しが生み出されるのです。   神様の恵みのビジョンから目を外した瞬間、あなたの人生において与えられた神様の霊的な召しが単なる宗教的な働きに変わり最後には退屈になり、疲れ果ててしまうこというリスクが生じます。神様から与えられたビジョンが目の前にある働きに微妙に変化するのです!あなたはイエス様の祈りを生きていますか?他の人たちがもっぱら働きをすることに集中している時、あなたはどのようにイエス様の「あなたがたは、わたしをだれだといいますか」という質問に答えますか?   

Father, I want those you have given me to be with me where I am, and to see my glory, the glory you have given me because you loved me before the creation of the world.” (John 17:24)
  “But what about you? Jesus asked. “Who do you say I am?”
Simon Peter answered, “You are the Christ, the Son of the Living God.” (Matthew 16:15,16)

It is Jesus’ great prayer and desire for you to see His glory in all things and at all times of the day. This is life in Christ. A life in unity with the Father, Son, and Holy Spirit. It is the vision and sustenance that gives birth to every calling upon every Believer.
The moment that you take your eyes off the vision of God’s glory; is the moment that you risk turning God’s spiritual calling upon your life into religious work that ends in drudgery and burnout. The subtle shift from divine vision to the mission at hand! Are you living out the prayer of Jesus today? When every else is focused solely upon the mission, how will you respond to Jesus’ question, “But what about you? Who do you say I am?”